チャットレディに出会える法則

ライブチャットは出会い系サイトではないが、男性会員が最終的に求めるのは、エロか出会い。当サイトでは、「チャットレディに会いたい」という男性会員のために、会える(もしくは会えない)女の子の法則を考え、生み出し、編み出し、共有するサイトである。出会いの投資対効果を少しでも上げていこう。

※「常連(太客)になることで会える」というのは対象外とする。湯水のごとく1人の女の子にお金を使えばそれは会えるだろう、というスタンスなので、当サイトでは法則の対象外となる。

法則:本業チャットレディには会えない

チャットレディを生業としている「本業チャットレディ」に会える確率は限りなく低い。本業チャットレディはかなりたくさんの男性会員とチャットをしており、他の会員との競争率が高く、その中から自分が選ばれ、会える可能性は低い。本業なので、チャットできなくなるととても困る。1人の会員と会うなどという大きなリスクを取ろうとはしない。最もチャットを仕事と捉えている部類のチャットレディで、会いたいという意識が低い。仕事に対する意識が高ければ高いほど、出会いの可能性は下がる。

狙うなら、チャットレディを本業にしていない子を狙うべきである。

※本業チャットレディの定義については追って記載する。

法則:会える子は待機中に笑わない。待機中に笑顔で手を振る子には会えない。

経験は多くないが、私が今までに会えた女の子は待機中に笑っていなかった。これは仕事に対する意識の低さが原因と思われる。チャットを仕事として頑張っていることは、その子がお金を稼ぎたい、お金を必要としている、ということである。完全に割り切りの出会いをのぞいて、お金に対するプライオリティが高い女の子は簡単には会いにくい。稼ぎたい気持ちが強ければ待機中に笑うはずである。サイト運営者も、プロダクション運営者も登録している子には待機中に笑って欲しいはずだ。それでも笑わない子は、仕事に対してそこまで意識が高くなく、会える確率は高い。

法則:会える子には会える。会えない子には会えない。

「会える子」と「会えない子」はハッキリと分かれている。いくら会う気のない女の子に「会おう会おう」と押しかけても無駄に終わることがほとんどで、会える子は、たいしてお金やエネルギーをかけなくても会えてしまう。けして盲目的にならず、深追いをしない方が吉だ。

法則:フォトギャラリーにたくさん写真をアップしている子には会えない。

会える子は、あまりたくさん写真をアップしていない。ここでも笑顔に注目しよう。トップ画像、ギャラリー画像ともに、笑っていない子の方が会える可能性は高い。

法則:会える子はアホである。

かしこければかしこいほど、色んな事が気になってしまい、リスク回避の傾向がある。よって会える可能性は低くなる。

法則:チャット率が高すぎる子には会えない

チャット率が高い子は満足に稼げている人気のチャットレディであり、わざわざ会員と会うという選択肢を取らない傾向にある。

法則:定期的にインする子には会えない

これも仕事意識の高さ。月・水・金とか決めてインしている子は会いにくい。逆に不定期にインする子の方が会える。

法則:イベントに合わせてインする子には会えない

これも仕事意識の高さ。あとは、かしこい。イベントとかあまり見ずに適当にインする子の方が、アホで、会いやすい。

法則:会える子は画質が低い

会える子は総合的リテラシーの低さはおろか、カメラの画質も低い。これまた仕事意識への低さか。「画質がいい方がチャットに来てくれて、稼げる」っていう考えすらできない知能の低さと、そもそも考えない仕事意識の低さが、画質の低さに反映される。言うまでもないことだが、あまりにも映像が高画質なチャットレディには会えない。

法則:トップ写真が「角度斜め」の子には会えない

写真の見た目にこだわる人は、仕事意識が高い。写真を少しでも魅力的にしたいという意識が強く、クリック率を上げる努力をしているので、稼ぐ意欲が高い。チャットに慣れている。たくさん稼働しているため、会いにくい。

法則:住んでいる県庁所在地すら教えないチャットレディには会えない

プロフィールに書いていないのはともかく、チャットに入っても頑なに自分がどこに住んでいるかを教えてくれない子はまず会えない。県庁所在地を言ったところで、家がバレるわけではないのに、無駄にガードが硬すぎて、当然会えないし、住んでいる地域の話ができないので、チャットしてもひどくつまらない。チャットレディとして無価値といえる。

法則:Twitterアカウント等を公開している子には会えない

Twitter経由で会ったことが他の会員さんにもバレてしまうかもしれないので、会えない。

法則:PCよりもスマホのチャットレディの方が会える

PCユーザーよりもスマホユーザーの方が総合的リテラシーが低い(=アホ)という理由で、スマホを使ってチャットしている女の子の方が会いやすい。PCを使えるという時点である程度の知能があり、知能が高い子はなかなか会ってくれない。

法則:パーティ(DS)チャットで人気の子には会えない

想像はつくと思うが、実際に会った男性会員に、盛り上がり中のパーティチャットで、会った事をバラされたら気まず過ぎるという理由で、会えない。ライブでゴーゴーのDSチャットなどは言語道断である。

法則:新人は会えやすい。ベテランには会えない。

これもリテラシーの低さが原因。新人の方がチャットリテラシーが低いため会えやすい。ベテランは今までに積み上げた経験が大きく、会う事によるリスクも大きいので、なかなか会ってくれない。出会い厨や、エロ会員をかわすのも巧い。

法則:年齢が若い方が会える。

若い子は軽い。おばさんはなかなか会ってくれない。結婚していたり、経験値が高かったりで、リスク回避傾向にあり、もう踏んだり蹴ったりだ。40代よりも30代、30代よりも20代を狙っていこう。私が今までに出会えた女の子もほとんどが20代で、一人だけ31歳がいるのみだ。